みなさん、こんにちは(*・ω・)ノ

最近、独り言を書いていなかったので久しぶりに書きます

先日、地元でおまつりがありました。

自分が所属しているサークルとは別の手話サークルのバザーの
お手伝いに行きました。

普段なかなかお会いできないろう者の方や、
サークルの方たちとワイワイできて本当に楽しかったです(●´ω`●)

おまつりの最後に商店街のクジ引き抽選会があったのですが・・・
ステージで引かれた番号を発表するのは・・・マイクから発する言葉だけ・・・

「391番!いらっしゃいますか?はい!おめでとうございます!」

「458番!458番の方いませんか?手があがらないので、
無効にさせていだだきます!」


このような感じです。

私とサークルの方3人で、みんなの抽選券をまとめて持って参加したのですが、

番号を何かに書きだすわけでもなく・・・。

一緒に居たサークルの会長さんが言いました。
「これって・・・ろう者が参加してたら自分の番号わからないね。
スタッフが書きだすか番号を出すかしてくれたらいいのに・・・。」


そうなんです。

サークルメンバーだったら私たちが代表で抽選会に参加しているけど、
身近に健聴の人がいないろう者だったら・・・。

抽選が始まった頃、ろう者のAさんが抽選券を持ってやってきました。

彼女は私に
「今、発表してるの?番号がわからない。悪いけど、通訳してくれる?」と・・・。

次々と番号が読み上げられる中、私は1つ1つAさんに伝えました。

Aさん「なかなか当たらないね。」

「そうですね・・・。でも賞品はまだ沢山あるから、大丈夫!」

どんどん番号は読み上げられ、抽選会も終わりに近づき・・・。

「それでは、1等5名の方を発表致します!」
1等が5人あるっていうのもスゴイんだけどね・・・。

「401番!」

え???Aさんじゃない?

私はすぐに「401!Aさん当たり!当たった!」とAさんに伝えました。

Aさん「え?私?私が当たったの?」興奮気味のAさん(笑)

すぐにステージに向かって「当たりました!ここに居ます!」と手をあげて、
Aさんをステージへ!

まだ、信じられないのか、きょと~~んとしたままのAさん。

Aさんは嬉しそうに賞品を抱きしめ、
「ありがとう。じゃ、帰るね。」と、そそくさと去っていきました(笑)
はやっ!(笑)

うん。良かった!ヾ(=^▽^=)ノ

たまたま私たちがそばにいたから、
当たりを伝えることができたけど、他のろう者だったら番号はスルーされたでしょうね。

こういうところに【配慮】が必要なんですよね(≡ω≡.)
ちょっとの工夫でいいんです。準備が大変ならホワイトボードでも、大きな紙でも。

参加している人たちが全員平等に楽しみたいですよね!

ちなみに、私は当たりませんでしたけどね( ̄▽ ̄;)!!ガーン

私も手話をしていなかったら、番号だけ読み上げられる抽選会に
なんの違和感も持たなかったと思います。

そういう人がほとんどだと思います。でも、そうじゃいけないんですよね。
普通に気付けないとダメなんですよね・・・。

山口県は「手話言語条例」が10月に制定しました。
これから、もっともっと手話が広がり、手話が当たり前の世の中にならなければいけません。

私も、ブログで手話の単語を描いていくことで、
手話を覚えたいと言う人の力になりたいと思っています。(微力ですが・・・。)


20191104_122624

昨日、コスモスを見に行きました!とっても綺麗でしたよ~.。゚+.(・∀・)゚+.゚

【コスモス】【秋桜】


それではまた(。・ω・)ノ゙

にほんブログ村 その他日記ブログ 夢(目標)・未来へ にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ